「金属の塊から削り出されたようなウオッチ」をコンセプトにデザインされた「TO」シリーズ。

ウオッチの形状や機能からではなく、素材そのものの選択からデザインをはじめ、
その特性と素材の良さを引き出しデザインの要素を極限にまで削ぎ落とすという、
吉岡氏の独自のアプローチによって誕生したウオッチシリーズです。

金属の素材感を強調するため、文字板や針など一般的な時計のデザイン要素を極力排除し、シンプルかつモダンなウオッチに仕上げています。

DESIGNER

吉岡徳仁

吉岡 徳仁 | Tokujin Yoshioka

1967年生まれ。2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザインや建築、現代美術の領域において活動。詩的な作品は国際的にも高く評価されている。国際的なアワードを多数受賞し、作品はニューヨーク近代美術館やフランス国立近代美術館など、世界の主要美術館に永久所蔵されている。アメリカNewsweek誌による「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれている。東京2020オリンピック・パラリンピックでは、聖火リレートーチのデザインを手がけている。

  • ガラスのベンチ
  • インスタレーション
  • 茶室

MODELS

SILAS001Discontinued

SILAS002Discontinued

SILAS003Discontinued

SILAS004Discontinued