自然を深く理解すること。

自然界に時刻は存在しない。
しかし、自然を理解するためには 時計が必要な時もある。
太陽の位置を知る。
歩いた時間を測る。
小さな動物たちの行動を観察、記録する。
花の開く瞬間を見極める。

知的な、自然探索のお供として。

自然を深く理解するための科学的なまなざしは、
腕時計という賢いお供を必要とする。
この腕時計は、「ファーブル先生へ」「博物学」「生物圏の時間」 といったキーワードをもとに、
「知的な自然探索のお供として、主人とともに行動する小さな機械のしもべ」としてデザインされたものである。

美しさと機能。

美しさと機能、手仕事とテクノロジー、
日常生活を楽しくするモノづくり。
ISSEY MIYAKEが基本とするモノづくりの考え方を、
腕時計で表現したひとつのフォルム。
INSETTOは、イタリア語で「昆虫」の意味。
自然界の小さき生き物をイメージした繊細で、 暖かみあるフォルムが美しい。

DESIGNER

山中俊治 SHUNJI YAMANAKA

山中俊治 | SHUNJI YAMANAKA

1982年東京大学工学部産業機械工学科卒業後、日産自動車デザインセンター勤務。1987年より フリーのデザイナーとして独立。1991年より94年まで東京大学助教授を勤める。1994年にリー ディング・エッジ・デザインを設立。デザイナーとして腕時計から鉄道車両に至る幅広い工業製 品をデザインする一方、技術者として、ロボティックスや通信技術に関わる。2008年4月より慶 應義塾大学教授に着任。山中デザイン研究室を設立し、義足や感覚に訴えるロボットなど、人と ものの新しい関係を研究している。
2004年毎日デザイン賞受賞、ドイツIF Good Design Award、グッドデザイン賞受賞多数。2010年「Tagtype Garage Kit」がニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションに選定。

  • works
  • works

MODELS

SILAA001Discontinued

SILAA002Discontinued

SILAA003Discontinued

SILAB005Discontinued

SILAB006Discontinued

SILAB007Discontinued

SILAC008Discontinued

SILAC009Discontinued

SILAC010Discontinued

SILAD011Discontinued

SILAD012Discontinued