卵という名の腕時計
この小球は生命の源である
ゆっくりと発芽し、四方に触手を伸ばして
やがて人と一体となり共生体へと成長する
その核においては
Geneと呼ばれる振り子がひそやかに時を刻む

山中俊治

DESIGNER

山中俊治 SHUNJI YAMANAKA

山中俊治 | SHUNJI YAMANAKA

1982年東京大学工学部産業機械工学科卒業後、日産自動車デザインセンター勤務。1987年より フリーのデザイナーとして独立。1991年より94年まで東京大学助教授を勤める。1994年にリー ディング・エッジ・デザインを設立。デザイナーとして腕時計から鉄道車両に至る幅広い工業製 品をデザインする一方、技術者として、ロボティックスや通信技術に関わる。2008年4月より慶 應義塾大学教授に着任。山中デザイン研究室を設立し、義足や感覚に訴えるロボットなど、人と ものの新しい関係を研究している。
2004年毎日デザイン賞受賞、ドイツIF Good Design Award、グッドデザイン賞受賞多数。2010年「Tagtype Garage Kit」がニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションに選定。

  • works
  • works

MODELS

scroll >>

  • SILAR001Discontinued

    SILAR002Discontinued

    SILAR003Discontinued