機械式時計のもつアナログな宇宙観をつきつめた

自動車のアルミホイールの形状からインスパイアされた力強いケースに、精度感ある計器類のような文字盤を長い針が時間を刻みます。デザイン・コンセプトは伝統的な日本の美意識をベースに、そのミニマルな精神を時計のデザインで打ち出そうと考えました。

機械式時計としてのデザインを掘り下げ、Wシリーズの特徴である日本の伝統美に培われた骨太なデザインを継承しながらも、新たな世界観を創造しています。伝統的な羅針盤に触発されてデザインしたダイヤル上の赤色の目盛と針の組み合わせで、機械式時計のもつアナログな宇宙観を表現しました。秒針の動きは間断なく流れる宇宙空間の時の流れを表現し、時空を超える時間旅行に誘うでしょう。

DESIGNER

和田 智  Satoshi Wada

和田 智 | Satoshi Wada

1961年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。84年日産自動車入社。89~91年、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート留学。98年、アウディAG/アウディ・デザインへ移籍。「世界でもっとも美しいクーペ」と評されるA5を担当しアウディブランドの世界躍進に貢献。2009年6月アウディから独立し、自身のデザインスタジオ「SWdesign TOKYO」を設立。カーデザインを中心に、ドイツでの経験を生かし「新しい時代のミニマルなものや暮らし」を提案している。

  • カーデザイン

MODELS

NYAE001Discontinued

NYAE002Discontinued

NYAE003Discontinued

NYAE701Discontinued